1. TOP
  2. 研修医の方
  3. 専門(後期)研修

SENIOR RESIDENT 専門(後期)研修

専攻医・後期研修医

研修目標

麻酔科医として必要不可欠な基礎知識と技能を習得し、麻酔科専門医を取得すること

麻酔科医としてのスキルをベースとして、集中治療、産科麻酔、ペインクリニックなどの研修を通じ、幅広い分野で全身理ができる優れた臨床医となること

当院当科は責任基幹施設であり、麻酔科学会認定の研修プログラム(埼玉医科大学総合医療センター麻酔科専門医研修プログラム)にそって研修を行います。専攻医(後期研修医)終了後は、大学病院スタッフまたは関連病院スタッフとして継続勤務が可能です。

麻酔科標榜医(麻酔科認定医)取得コース

1年目:手術室麻酔の技術と知識の習得

2年目:希望により、集中治療、産科麻酔、ペインクリニックの研修

2 年間の研修で麻酔科標榜医を取得します。取得後は他科へ転科する医師もいますが、麻酔科の2年間の研修で身につけた全身管理・急変時の対応能力は、どの診療科においても有用なスキルです。

サブスペシャルティの道(キャリアアップ)

当科は「日本麻酔科学会認定指導病院」「日本集中治療学会認定施設」「日本ペインクリニック学会認定施設」です。麻酔専門医や、サブスペシャルティとしての集中治療専門医・ペインクリニック認定医などの資格の取得が可能です。

子育て中の方

子育てでブランクのある方でも、無理なく復帰できる体制が整っています。大学院内に保育園もあり、時短勤務や当直などについてもご相談ください。

産科麻酔研修(教育カリキュラムと到達目標)

産科麻酔科は、総合周産期母子医療センター内に常駐しており、無痛分娩、帝王切開術、産褥搬送の重症患者管理、不妊治療の麻酔等、産科麻酔に係わると共に、新生児麻酔、小児麻酔、あるいは胎児麻酔も担当します。
また、当院当科はオピニオンリーダーとしての地歩を築いており、全国の大学麻酔科からの研修希望者が年々増加しています。

医学生

医学部4年生に産科麻酔に関する講義・臨床実習を4時間担当しています。

到達目標

  • 産科麻酔科の意義と診療内容を説明できる
  • 帝王切開術の麻酔法を列挙し、長所と合併症を説明できる
  • 産痛緩和の方法を列挙し、長所と合併症を説明できる

初期研修医

麻酔科研修終了後、希望により産科麻酔科で1~3ヶ月の研修を行えます。産科麻酔に関わる全ての診療の指導を受け、周産期カンファレンスに参加します。臨床研究のサポートや学会発表を行うこともあります。

到達目標

  • 妊娠中の生理学的変化を説明できる
  • 麻酔科専門医の元で、合併症のない妊婦の帝王切開術に対して脊髄くも膜下麻酔を実施できる
  • 帝王切開中の脊髄くも膜下麻酔における低血圧に対して、適切に対処できる

専攻医(後期研修医)

麻酔科専攻医(後期研修医)は、後期研修2年目以降に、産科麻酔科を4~6ヶ月間研修します。産科麻酔の基礎的知識を身につけ、患者さんの状態に合った麻酔法の指導をうけます。さらに、硬膜外鎮痛による産痛緩和を実践したり、分娩後出血管理を行なったり、産科麻酔診療を間近で学びます。産科麻酔科に関する成書の輪読会に参加し、より一層学問を深めていきます。希望により臨床研究や海外学会へ参加することも可能です。

到達目標

  • 各種産科疾患に対応した帝王切開術の麻酔管理ができる
  • 硬膜外鎮痛による産痛緩和を実施できる
  • 胎児・新生児・早産児に対する麻酔を経験する

川越周産期麻酔フェローシップ

当プログラムは、日本の産科麻酔科次世代のリーダー育成を担う新しいプログラムです。

応募資格
日本麻酔科学会専門医、またはそれに準ずる麻酔経験のある麻酔科医
募集人数
2名
身分・待遇
臨床フェロー(常勤)・埼玉医科大学規定による(助教相当)
当直あり(月5回程度)、週1日研究日
研修期間
4 月1 日から1 年間(延長可能)
研修内容
周産期麻酔全般にわたる診療を、指導スタッフとマンツーマン体制で行い、ハイリスク妊婦を安全にケアできるよう研修医を指導します。また、臨床研究や論文執筆の機会を提供し、将来の産科麻酔領域のリーダーへ育成します。
プログラム
責任者
産科麻酔科 診療部長 照井克生